コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

相良前頼 さがら さきより

1件 の用語解説(相良前頼の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

相良前頼 さがら-さきより

?-1394 南北朝-室町時代の武将。
相良定頼(さだより)の子。永徳3=弘和(こうわ)3年北朝方から南朝方に転じ,征西将軍宮(懐良(かねよし)親王)から肥後(熊本県)芦北荘を安堵(あんど)される。のち肥前守護となる。南北朝合体後は今川氏に属し,島津氏と対立。明徳5年1月19日日向(ひゅうが)(宮崎県)都城(みやこのじょう)で戦死。法名は立阿。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

相良前頼の関連キーワード足利義持アイリンク1394DV端子FireWire足利義持応永北山文化カスリーン台風足利義教

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone