コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

相良義陽(読み)さがら よしひ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

相良義陽 さがら-よしひ

1544-1581 戦国-織豊時代の武将。
天文(てんぶん)13年生まれ。相良晴広の長男。天文24年肥後(熊本県)人吉城主となる。日向(ひゅうが)(宮崎県),薩摩(さつま)(鹿児島県)でたたかい勢力をふるうが,薩摩の島津義久に水俣城で敗れ,阿蘇方の甲斐(かい)氏攻撃を条件に講和。甲斐宗運(そううん)とたたかい天正(てんしょう)9年12月2日戦死。38歳。初名は頼房。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

相良義陽 (さがらよしひ)

生年月日:1544年2月8日
安土桃山時代の武将
1581年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる