コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

相良藩〈遠江国〉 さがらはん

1件 の用語解説(相良藩〈遠江国〉の意味・用語解説を検索)

藩名・旧国名がわかる事典の解説

さがらはん【相良藩〈遠江国〉】

江戸時代遠江(とおとうみ)国榛原(はいばら)郡相良(現、静岡県牧之原(まきのはら)市相良)におかれた譜代(ふだい)藩。当地には徳川家康(とくがわいえやす)の鷹狩(たかがり)のために相良御殿が造営され、のち、そこに藩庁がおかれた。1710年(宝永7)に譜代の本多忠晴(ただはる)が1万石で立藩。本多氏3代のあと、板倉勝清(いたくらかつきよ)、本多忠央(ただなか)と続き、58年(宝暦8)に側衆(そばしゅう)の田沼意次(たぬまおきつぐ)が1万石で入封(にゅうほう)した。意次は側用人(そばようにん)から老中へとのぼりつめ、最盛期の85年(天明(てんめい)5)には5万7000石の大名となり、いわゆる田沼時代を現出した。しかし86年に老中を罷免されると領地はほとんど没収され、87年に相続した孫の意明(おきあき)は、陸奥(むつ)国下村藩に1万石で移封された。相良城は破却され廃藩となったが、11代将軍徳川家斉(いえなり)の助けで1823年(文政6)に意次の4男意正(おきまさ)が当地に戻り、相良藩は再興された。以後明治維新まで田沼氏3代が続いた。1868年(明治1)の駿府(すんぷ)藩(静岡藩)再設置により、上総(かずさ)国小久保に移り、小久保藩となったが、71年の廃藩置県で廃藩となった。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

相良藩〈遠江国〉の関連キーワード遠江遠淡海井伊直武川田喬遷河守宗兵衛後藤美之三井之峻黙子素淵渡辺兵次

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone