相馬遷子(読み)そうま せんし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

相馬遷子 そうま-せんし

1908-1976 昭和時代の俳人,医師。
明治41年10月15日生まれ。水原秋桜子にまなび,「馬酔木(あしび)」同人。石田波郷の「鶴」同人もかねる。戦後,郷里の長野県佐久市に医院をひらき,山国の自然をよんで馬酔木高原派とよばれた。昭和44年「雪嶺」で俳人協会賞。昭和51年1月19日死去。67歳。東京帝大卒。本名は富雄。
【格言など】冬麗の微塵となりて去らんとす(辞世)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android