コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

眉庇付冑 まびさしつきかぶと

世界大百科事典 第2版の解説

まびさしつきかぶと【眉庇付冑】

古墳時代のの一種で,5世紀中葉から6世紀初めにかけての限られた期間に用いられた(図)。本来は,挂甲に伴う冑であるが,日本では,おもに短甲と組み合わせて用いられた。野球帽に似た形をしており,半球状の鉢の前面に半月形の眉庇がつく。頂部の伏板の上には,半球形の伏鉢を伏せ,管でつないで受鉢をのせる。鉄製のほかに,金銅製,鉄地金銅張製の例も少なくない。金銅の部分には,たがね彫文様がみられるものもある。眉疵は,外縁が弧形を連ねた形をしているものが多く,その内側に,三角形,レンズ形などを透かしている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の眉庇付冑の言及

【甲冑】より

…騎馬の風習と関連して5世紀中葉に出現し,正倉院に伝わる挂甲を経て平安時代の大鎧へと変化する。冑には衝角付(しようかくつき)冑,眉庇付(まびさしつき)冑のほかに,小札を革紐で綴じ合わせた冑が4世紀代にある。衝角付冑は5世紀から奈良時代に近い時期まで用いられているが,眉庇付冑は5世紀中葉以降の限られた期間のものである。…

【冑∥兜】より

…頭にかぶる鉄製の武具。古墳から出土する甲(よろい)には短甲挂甲(けいこう)の2種があり,冑にも衝角付冑(しようかくつきかぶと)と眉庇付冑(まびさしつきかぶと)の二つがある。形の上で衝角付冑は短甲に,眉庇付冑は挂甲に属するものと思われる。…

※「眉庇付冑」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

眉庇付冑の関連キーワード和田山中郷古墳群黒姫山古墳地下式横穴大山古墳古墳時代葛原古墳蹴彫り冑∥兜埴輪

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android