コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真北 マキタ

デジタル大辞泉の解説

ま‐きた【真北】

正しく北にあたる方角。正北。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

まきた【真北】

ちょうど北に当たる方角。正北。 ⇔ 真南

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

真北の関連キーワード銚子塚古墳〈福岡県〉近江大津宮錦織遺跡世界のおもな水族館コンパス(羅針盤)マチャプチャレ山ジャイロコンパステオティワカン石見国分寺跡チナンパ耕作慣性航法装置磁気コンパス地磁気測量泉官衙遺跡アロル島民北見大和堆子午線通過アワーリー斜線制限発掘調査カタール

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

真北の関連情報