コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真宗宜詳尼 しんそう ぎしょうに

1件 の用語解説(真宗宜詳尼の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

真宗宜詳尼 しんそう-ぎしょうに

1764-1827 江戸時代後期の尼僧。
明和元年生まれ。臨済(りんざい)宗。播磨(はりま)(兵庫県)網干の竜門寺の黙禅祖道について受戒。20年余各地で修行ののち,美濃(みの)(岐阜県)瑞竜寺隠山惟琰(いんざん-いえん)の法をつぐ。その後,播磨の不徹庵で尼僧の指導にあたった。文政10年8月19日死去。64歳。陸奥(むつ)青森出身。俗姓は中島。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

真宗宜詳尼の関連キーワード浅野陵歌川国長観光尼元如尼川柳(3代)長隠(1)平田三之助妙船尼百多楼団子森知乗

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone