コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真宗宜詳尼 しんそう ぎしょうに

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

真宗宜詳尼 しんそう-ぎしょうに

1764-1827 江戸時代後期の尼僧。
明和元年生まれ。臨済(りんざい)宗。播磨(はりま)(兵庫県)網干竜門寺の黙禅祖道について受戒。20年余各地で修行ののち,美濃(みの)(岐阜県)瑞竜寺の隠山惟琰(いんざん-いえん)の法をつぐ。その後,播磨の不徹庵で尼僧の指導にあたった。文政10年8月19日死去。64歳。陸奥(むつ)青森出身。俗姓は中島。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

真宗宜詳尼の関連キーワードボルテール芸者レザノフ鈴木源之丞鈴木春信レザーノフ明和リードザモイスキ浮世絵

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android