コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真宗宜詳尼 しんそう ぎしょうに

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

真宗宜詳尼 しんそう-ぎしょうに

1764-1827 江戸時代後期の尼僧。
明和元年生まれ。臨済(りんざい)宗。播磨(はりま)(兵庫県)網干の竜門寺の黙禅祖道について受戒。20年余各地で修行ののち,美濃(みの)(岐阜県)瑞竜寺隠山惟琰(いんざん-いえん)の法をつぐ。その後,播磨の不徹庵で尼僧の指導にあたった。文政10年8月19日死去。64歳。陸奥(むつ)青森出身。俗姓は中島。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

真宗宜詳尼の関連キーワードカニング冬の旅マキシモヴィッチナバリノの海戦カニング徳川治済桂川甫筑ゴヤ(年譜)鈴木源之丞鈴木春信