(読み)ヒル

デジタル大辞泉の解説

ひる【昼】

日の出から日の入りまでの明るい間。日中。ひるま。「夏至はが最も長い」⇔
(「午」とも書く)正午。また、それに近い時刻。「過ぎに伺います」
昼食。昼めし。「のしたくにかかる」
物事の最高潮に達する時期。
「銀儲(まうけ)の―」〈浮・新色五巻書・二〉
[補説]気象庁の天気予報等では、「昼前」は9時頃から12時(正午)頃まで、「昼過ぎ」は12時頃から15時頃まで、「昼頃」は12時の前後2時間程度を指す。また、「日中」は9時頃から18時頃までをいう。
作品名別項。→

ひる【昼】[書名]

原題、〈イタリアMezzogiorno》イタリアの詩人、パリーニ。4部作「一日」の第2作。1765年刊行。

ちゅう【昼〔晝〕】[漢字項目]

[音]チュウ(チウ)(呉)(漢) [訓]ひる
学習漢字]2年
〈チュウ〉
ひる。「昼夜白昼
正午。「昼食
〈ひる〉「昼寝昼間昼飯真昼夜昼
[名のり]あき・あきら

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

昼【ひる】

日の出から日の入りまでの期間。理論上は太陽中心が地平線の上に出てから没するまでの時間で,地球の自転軸が公転面に対し直角でなく23°27′傾いているため,その長さは緯度により季節によって異なり,昼の長さをt時間,緯度をΦ,太陽の赤緯をδとすればcos(15°×t/2)=−tan Φ tan δで与えられる。実際上と理論上とで日の出・日の入りは異なるので,実際の昼は理論上の昼より少し長く,春分・秋分でも夜と等長でない。→

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


ひる
day

夜の反対。日の出から日没までをいう。日没後しばらくは薄明るく、日の出直前も薄明るい。『神宮暦』には昼間時間が記載されている。昼間時間は、夏が長く、冬が短い。短夜(みじかよ)は夏の季語、短日(たんじつ)は冬の季語である。

[平塚和夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android