コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

昼〔晝〕 チュウ

デジタル大辞泉の解説

ちゅう【昼〔晝〕】[漢字項目]

[音]チュウ(チウ)(呉)(漢) [訓]ひる
学習漢字]2年
〈チュウ〉
ひる。「昼夜白昼
正午。「昼食
〈ひる〉「昼寝昼間昼飯真昼夜昼
[名のり]あき・あきら

ひる【昼】

日の出から日の入りまでの明るい間。日中。ひるま。「夏至はが最も長い」⇔
(「午」とも書く)正午。また、それに近い時刻。「過ぎに伺います」
昼食。昼めし。「のしたくにかかる」
物事の最高潮に達する時期。
「銀儲(まうけ)の―」〈浮・新色五巻書・二〉
[補説]気象庁の天気予報等では、「昼前」は9時頃から12時(正午)頃まで、「昼過ぎ」は12時頃から15時頃まで、「昼頃」は12時の前後2時間程度を指す。また、「日中」は9時頃から18時頃までをいう。
作品名別項。→

ひる【昼】[書名]

《原題、〈イタリアMezzogiorno》イタリアの詩人、パリーニの詩。4部作「一日」の第2作。1765年刊行。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

昼【ひる】

日の出から日の入りまでの期間。理論上は太陽中心が地平線の上に出てから没するまでの時間で,地球の自転軸が公転面に対し直角でなく23°27′傾いているため,その長さは緯度により季節によって異なり,昼の長さをt時間,緯度をΦ,太陽の赤緯をδとすればcos(15°×t/2)=−tan Φ tan δで与えられる。実際上と理論上とで日の出・日の入りは異なるので,実際の昼は理論上の昼より少し長く,春分・秋分でも夜と等長でない。→

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ひる【昼】

日の出から日の入りまで。明るい間。昼間。 ⇔
正午。 「 -までに帰る」
昼食。ひるめし。 「 -は簡単に済ませる」
物事の最盛期。 「仏法の-なれや/浮世草子・諸艶大鑑 5
[句項目] 昼を欺く

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


ひる
day

夜の反対。日の出から日没までをいう。日没後しばらくは薄明るく、日の出直前も薄明るい。『神宮暦』には昼間時間が記載されている。昼間時間は、夏が長く、冬が短い。短夜(みじかよ)は夏の季語、短日(たんじつ)は冬の季語である。[平塚和夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

昼〔晝〕の関連キーワード長野県下伊那郡阿智村智里夜となく昼となく昼夜を分かたず大床子の御物昼夜を舎かずデータイム真っ昼間昼夜開講昼夜兼行レーリス昼の装ひ昼の御座浮世草子昼マック屋根替え昼立ち昼光率サパー夜渡し昼夜風

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android