コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真海鞘 マボヤ

大辞林 第三版の解説

まぼや【真海鞘】

ホヤの一種。体長20センチメートルに及ぶ。体は長卵形で、赤橙色の表面に多くの乳房状の突起がある。雌雄同体。食用。日本各地の沿岸に分布し、特に東北地方に多く、養殖もされる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

真海鞘 (マボヤ)

学名:Halocynthia roretzi
動物。ピウラ科のボヤ

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

真海鞘の関連キーワード雌雄同体東北地方尾索類

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android