真然比丘尼(読み)しんねんびくに

朝日日本歴史人物事典の解説

真然比丘尼

没年:長享2(1488)
生年:寛正1(1460)
戦国時代の真盛弟子。近江国(滋賀県)坂本の人。もと伊勢貞宗侍女。長享2(1488)年8月16日の彼岸に,同じく貞宗の侍女であった真能比丘尼(同国甲賀の人)と共に,真盛を慕って越前まで下向し,出家後すぐに入水した。時に真然29歳,真能は22歳であった。真盛は為政者へも積極的に無欲清浄専勤念仏を布教しており,政界に近い女性のなかにも熱心な帰依者がいた。

(勝浦令子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android