コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真田山 サナダヤマ

大辞林 第三版の解説

さなだやま【真田山】

大阪市天王寺区、大阪城の南方にある小丘。大坂冬の陣のとき、真田幸村が陣を構えた所といわれる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

真田山
さなだやま

大阪市の中央部、天王寺区の上町(うえまち)台地の小丘。大阪城の南にあたり、大坂冬の陣のとき、真田幸村(さなだゆきむら)が陣を構え抜け穴を掘ったといわれるが、抜け穴の跡はない。日清(にっしん)戦争後に騎兵第四連隊が置かれた。その跡地は公園化され陸軍墓地がある。[安井 司]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

真田山の関連キーワード契沖旧庵〈円珠庵〉ならびに墓旧真田山陸軍墓地安井

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

真田山の関連情報