コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真覚 しんがく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

真覚 しんがく

?-? 平安時代中期の僧。
藤原敦忠(あつただ)の4男。天台宗官途についたが,康保(こうほう)4年(967)比叡(ひえい)山で出家。天禄(てんろく)2年岳父の藤原文範(ふみのり)が創建した京都大雲寺の開山となる。子の文慶(もんきょう)が同寺の初代別当になった。俗名藤原佐理(すけまさ)。

真覚 しんかく

1270-? 鎌倉時代の僧。
文永7年生まれ。後嵯峨(ごさが)天皇の孫。宗尊(むねたか)親王の第2王子。出家して園城寺(おんじょうじ)円満院にはいり,権僧正(ごんのそうじょう),園城寺長吏となる。のち還俗(げんぞく)。通称は早田宮。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

真覚の関連キーワード東京都八王子市散田町大雲寺(京都市)五塔寺金剛宝座塔大弁了訥藤原敦忠近衛家煕奇叟異珍玉翁融林近衛家熙嶂山融硅大朴玄素独照祖輝竹窓智厳鎌倉時代圜悟克勤石黒連州鈴木春信永嘉玄覚源宗治知空

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android