コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真言八祖 シンゴンハッソ

デジタル大辞泉の解説

しんごん‐はっそ【真言八祖】

真言宗で崇拝される八人の祖師大日如来以下の真言七祖空海を加えた付法の八祖と、竜猛(りゅうみょう)以下の真言七祖に空海を加えた伝持の八祖とがある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しんごんはっそ【真言八祖】

真言宗相承のうえからみた八祖。大日如来を教主とし、金剛薩埵こんごうさつた・竜樹・竜智・金剛智・不空・恵果を経て空海にいたる。付法の八祖。
「真言七祖」に、空海を加えた八人。多くこの意で用いられ、真言寺院にはその像がある。伝法の八祖。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

真言八祖の関連キーワード浄土寺(兵庫県)真言七祖像藤原基光詫磨俊賀金剛薩埵金剛頂寺宅磨俊賀金剛智醍醐寺板絵竜智東寺伝法つた不空竜樹恵果教主

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

真言八祖の関連情報