コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

眼脂(めやに) がんしめやに

1件 の用語解説(眼脂(めやに)の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

がんしめやに【眼脂(めやに)】

 皮膚の「垢(あか)」のように、角膜(かくまく)や結膜(けつまく)も日々新しくつくられ、古いものは剥(は)げ落ちています。その際できる老廃物やごみを涙道(るいどう)(涙の排出路)に洗い流すのが涙です。
 その涙のはたらきが悪くなり、目頭(めがしら)のあたりにできる白い老廃物のかたまりが眼脂(めやに)です。ふだんでも、とくに起床時にみられることがありますが、量的には多くありません。
 しかし、いったん細菌やウイルスが感染して炎症をおこすと、涙のはたらきいかんにかかわらず、その菌を除去するために血管から白血球(はっけっきゅう)(好中球(こうちゅうきゅう)、リンパ球)などが出てきて、大量の黄色いめやにが生じ、結膜も腫(は)れます。
 幼児やお年寄りでは、線維、フィブリンが多い場合は、さらに偽膜(ぎまく)ができることもあります。
 アレルギー性結膜炎(「アレルギー性結膜炎(アレルギー性鼻結膜炎)」)でもめやにが生じますが、量的には少なく、充血を主とする例がふつうです。
 また、眼瞼縁炎(がんけんえんえん)(「眼瞼縁炎(ただれ目)」)、眼瞼炎(がんけんえん)でもめやにがみられるため、眼瞼(まぶた)の皮膚の状態もチェックする必要があります。めやにから細菌培養を行なって菌を同定(どうてい)し(菌の種類を確認すること)、薬の効果を判定します。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

眼脂(めやに)の関連キーワード温覚魚鱗癬足紋皮膚科膚受スキニー角膜潰瘍化皮膚炎 (dermatitis)あかぎれ (chapping)

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

眼脂(めやに)の関連情報