コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

眼脂(めやに) がんしめやに

家庭医学館の解説

がんしめやに【眼脂(めやに)】

 皮膚の「垢(あか)」のように、角膜(かくまく)や結膜(けつまく)も日々新しくつくられ、古いものは剥(は)げ落ちています。その際できる老廃物やごみを涙道(るいどう)(涙の排出路)に洗い流すのが涙です。
 その涙のはたらきが悪くなり、目頭(めがしら)のあたりにできる白い老廃物のかたまりが眼脂(めやに)です。ふだんでも、とくに起床時にみられることがありますが、量的には多くありません。
 しかし、いったん細菌やウイルスが感染して炎症をおこすと、涙のはたらきいかんにかかわらず、その菌を除去するために血管から白血球(はっけっきゅう)(好中球(こうちゅうきゅう)、リンパ球)などが出てきて、大量の黄色いめやにが生じ、結膜も腫(は)れます。
 幼児やお年寄りでは、線維、フィブリンが多い場合は、さらに偽膜(ぎまく)ができることもあります。
 アレルギー性結膜炎(「アレルギー性結膜炎(アレルギー性鼻結膜炎)」)でもめやにが生じますが、量的には少なく、充血を主とする例がふつうです。
 また、眼瞼縁炎(がんけんえんえん)(「眼瞼縁炎(ただれ目)」)、眼瞼炎(がんけんえん)でもめやにがみられるため、眼瞼(まぶた)の皮膚の状態もチェックする必要があります。めやにから細菌培養を行なって菌を同定(どうてい)し(菌の種類を確認すること)、薬の効果を判定します。

出典 小学館家庭医学館について 情報

眼脂(めやに)の関連キーワード結膜炎

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android