コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

矢吹原 やぶきはら

2件 の用語解説(矢吹原の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

矢吹原
やぶきはら

「やぶきがはら」とも読む。福島県中央南部,阿武隈川の左岸に広がる洪積台地阿武隈川とその支流釈迦堂川にはさまれ,南北約 15km,東西約 8km。六軒原,北原,南原,七軒原,滑津原などに区分される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

矢吹原
やぶきがはら

福島県南部、須賀川(すかがわ)市から矢吹町などに広がる洪積台地。阿武隈(あぶくま)川とその支流釈迦堂(しゃかどう)川、隈戸(くまど)川に挟まれた地。新田地名もあり、近世から開墾は行われていたが、水利が悪いために明治以降も本格的な開発はなく、皇室の御猟場などに利用されてきた。1936年(昭和11)に福島県は開墾事務所を設け、1941年には国営事業として羽鳥(はとり)ダム建設を核とする羽鳥用水事業が発足し、1956年(昭和31)の工事完了後は開田が進んだ。[渡辺四郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

矢吹原の関連キーワードトカラ信夫菜やぶきじくん鉄のしぶきがはねる福島県二本松市安達ヶ原福島県岩瀬郡鏡石町福島県西白河郡矢吹町矢吹福島県西白河郡矢吹町中央南羽鳥湖

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone