コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

矢吹町 やぶき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

矢吹〔町〕
やぶき

福島県南東部,阿武隈川上流部左岸にある町。 1903年町制。 55年中畑,三神 (みかみ) の2村および広戸村の一部と合体。中心地区の矢吹は,旧奥州街道の宿駅で,天正6 (1578) 年散在していた付近の民家を集めて開設された。周辺は矢吹原呼ばれる台地で,羽鳥用水の通水で開拓が進み,半農半商の町として発展。米作,畜産や野菜,タバコ栽培が盛ん。低開発工業化促進法の指定を受け,1973年に東北自動車道インターチェンジが設置されて以来,軽工業を中心に多くの工場が誘致された。面積 60.4km2。人口 1万7370(2015)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

矢吹町の関連情報