コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

発遣 はっけんfa qian

3件 の用語解説(発遣の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

発遣
はっけん
fa qian

中国,清の刑罰の一種。死刑に次ぐ重刑。囚人の顔に入墨をしたうえで,新疆のウルムチ,満州のチーリン (吉林) など 18省外の辺地に追放し,かつ,杖 100を併科する。囚人は「種地」あるいは「当差」とされて,屯田の開墾または公共の雑役に使われ,罪状の重い者は「為奴」とされて,駐屯軍に奴隷として給された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

はっけん【発遣】

( 名 ) スル
使者などを送り出すこと。出張させること。派遣。 「之を斯都に-せり/経国美談 竜渓
〘仏〙
密教で、修法のために迎えていた仏・菩薩を修法の終わったのち、その本来の場所へ送り返すこと。撥遣。奉送。
浄土教で、阿弥陀仏が衆生を浄土へ招きよせることに対し、釈迦が西方浄土への往生を勧めること。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の発遣の言及

【刑罰】より

…徒刑は塩場(えんじよう)や鉄冶(てつや)に送って一定期間の強制労働を科するもので,流刑は宋代の編管に類するという。清代には充軍は実質的に流刑と異ならないものとなったが,入墨して新疆,黒竜江,吉林など辺境へ送り,強制労働させる発遣(はつけん)が行われた。また枷号(かごう)という昼間に首かせをつけて役所の前にさらす杖刑への付加刑があった。…

【流刑】より

…妻,妾は必ず随従し,直系の尊属卑属は従う義務はないが願い出れば許され,受刑者が死亡すれば家族は願い出て帰ることができる。清代も原則は同じで上記3等の差があるが,必ず杖一百を加えられ,さらに流の軽いものに〈遷徒(せんし)〉,重いものに〈充軍〉〈発遣〉がある。充軍に5等の差があり,最も重いものは雲南,貴州,広東,広西に流するのが常例で,軍関係の労役につかせる。…

※「発遣」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone