コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黄金分割 おうごんぶんかつ golden section; Golden Mean system of proportion

6件 の用語解説(黄金分割の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

黄金分割
おうごんぶんかつ
golden section; Golden Mean system of proportion

1つの線分を2つの部分に分けるとき,全体とその大きな部分の比が,大きい部分と小さい部分の比に等しいようにすること。すなわち線分 AB上に点Pがあり,AB:AP=AP:PB または AB×PB=AP2 であるとき,この点P による線分 ABの分割を黄金分割と呼ぶ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

おうごん‐ぶんかつ〔ワウゴン‐〕【黄金分割】

線分を黄金比に分けること。外中比分割。中外比分割。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

黄金分割【おうごんぶんかつ】

線分ABを点Pで分割し,BP/AP=AP/AB,つまりAP2=BP・ABとすること。(式1)または(式2)となり,これを黄金比という。黄金比はギリシア時代から最も調和のとれた比といわれ,絵画,建築等に応用され,本やはがきの縦横比もこれに近い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

おうごんぶんかつ【黄金分割 golden section】

線分AB上に1点PをとってAP・AB=PB2となるように分けることを黄金分割といい,このときの比AP:PBを黄金比という。古代ギリシアでは縦横の長さがこの比をなす長方形がもっとも形がよいとされたので,このように呼ばれてきた。黄金比は (-1)/2=0.61803……で,ABを黄金分割する点Pを求めるには次のようにすればよい。AにおいてABに立てた垂線上に点CをAC=1/2ABとなるようにとり,次にCB上に点DをCD=CAとなるようにとり,さらにAB上に点PをBP=BDとなるようにとる(図1)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

おうごんぶんかつ【黄金分割】

一つの線分を二つの部分に分けるとき、全体に対する大きな部分の比と、大きな部分に対する小さい部分の比とが等しくなる分け方。大と小との比は約1.618対1で、古代ギリシャ以来最も調和的で美しい比とされた。外中比。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

黄金分割
おうごんぶんかつ

線分を黄金比に分けること。黄金比とは、ある長方形の2辺の長さの比で、その長方形から短い辺を1辺とする正方形を除いてできる残りの長方形が初めの長方形と相似になるものである。図Aのように、長方形ABCDと正方形ABB'A'をとる。長方形ABCDと、長方形A'B'CDが相似であるなら、B'は線分BCを黄金分割する。いま、長方形ABCDの1辺ABの長さを1とし、ADの長さをxとすれば、

xに関する二次方程式x2-x-1=0を解いて

したがって黄金比の値はだいたい1.618である。正五角形の1辺と対角線の長さの比は黄金比になっている。また、正五角形の一つの対角線は、他の一つの対角線によって黄金比に分けられている(図B)。
 一つの線分の黄金分割を作図で求めるには次のようにすればよい。まず、その線分の一端で半分の長さの垂線を立て直角三角形をつくる。次に、その斜辺から初めの線分の半分を除いた残りの長さを初めの線分上にとる。これで黄金分割が完成する(図C)。また、黄金比をもつ長方形を作図するには次のようにすればよい。一つの正方形をとり、それを対辺の中点を結んで二つの長方形に分ける。その長方形の対角線の長さだけ正方形の辺の中点から辺を延長すれば完成する(図D)。[柴田敏男]

黄金比とフィボナッチ数列

フィボナッチ数列とは、初項と第2項が1で、第3項以降次々と前2項の和をとってつくられる数列である。
  1,1,2,3,5,8,13,21,……
がそれである。このフィボナッチ数列の相隣る項の比をとってできる数列、すなわち
  1,2,3/2,5/3,8/5,13/8,……
の極限値は黄金比と等しい。しかもこの数列の第5項以降の小数第1位までをとると、すべて1.6で、黄金比1.618……とほぼ等しい。
 松かさを手にとって観察すると、右巻きと左巻きの二つの渦巻が交錯しているのがみられるが、その筋の個数は8本と5本になっている。8と5はフィボナッチの数列の1組の相隣る項である。パイナップルの実や菊の花のなかにも二つの交錯する渦があり、その筋の個数はそれぞれ13対8、34対21となっている。これもフィボナッチ数列の相隣る項の比である。黄金比1.6は自然の神秘のなかにも現れているといえる。
 黄金比をもつ長方形はもっとも調和のとれた長方形といわれている。古代ギリシアの建造物や美術・工芸品には、黄金比や黄金比長方形に近似する比や形をもつものがしばしば見受けられる。たとえば、アテネのパルテノン神殿の輪郭は黄金比長方形に近い。また、ルネサンス期イタリアの万能人であったレオナルド・ダ・ビンチは黄金比の長方形を活用して絵を描いたともいわれている。[柴田敏男]
『マイケル・ホルト著、西田稔訳『芸術における数学』(1976・紀伊國屋書店) ▽ヘルマン・ヴァイル著、遠山啓訳『シンメトリー』(1957・紀伊國屋書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

黄金分割の関連キーワードシムソン線重心集積点接触平面線分外分距離内分P 点調和列点

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

黄金分割の関連情報