コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石井教道 いしい きょうどう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石井教道 いしい-きょうどう

1886-1962 大正-昭和時代の仏教学者,僧。
明治19年12月23日生まれ。浄土宗。仏教専門学校(現仏教大)教授をへて,大正12年母校宗教大(現大正大)の教授,15年大正大教授となる。京都の松林院,称名寺住職もつとめた。華厳(けごん)教学の研究で知られる。昭和37年8月9日死去。75歳。愛知県出身。字(あざな)は鴨水。号は暢蓮社宣誉演阿。著作に「選択集の研究」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

石井教道の関連キーワード選択本願念仏集昭和時代源空

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android