コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沈銓 しんせん

百科事典マイペディアの解説

沈銓【しんせん】

〈ちんせん〉とも。中国,清代中期の画家。生没年不詳。浙江省呉興の人。字を衡之,号を南蘋(なんぴん)といった。1731年長崎に来航して,熊代熊斐(くましろゆうひ),宋紫石をはじめとする多くの日本画家に花鳥画を教授し,江戸後期の花鳥画に大きな影響を与えたため,中国よりも日本で名高い。
→関連項目秋田派岸駒佐竹曙山円山派渡辺崋山

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しんせん【沈銓 Shěn Quán】

1682‐?
中国,清代の画家。字は南蘋,あるいは衡之ともいう。衡斎と号したが,日本では沈南蘋しんなんぴん∥ちんなんぴんの名で広く親しまれている。浙江省の湖州の出身,あるいは徳清の人とも伝えられる。乾隆帝の側近として礼部侍郎に昇った沈徳潜の一族である。職業画工とみなされるが,経歴はわからない。1731年(清の雍正9∥享保16)長崎に来朝したが,幕府の招聘に応じたという説がある。伊孚九(いふきゆう)らと並ぶ来舶画人の一人として日本近世画壇に大きな影響をもたらした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の沈銓の言及

【長崎派】より

…(2)漢画派は,1644年(正保1)に来朝した黄檗僧逸然(1600か01‐68)を祖とし,河村若芝(1629か38‐1707),渡辺秀石(1639‐1707)らが謹厳な北宗画風の絵を描き,秀石は唐絵目利職につくなど,長崎派の主流となった。(3)南蘋(なんぴん)派は,1731年(享保16)に渡来した沈銓(しんせん)(南蘋)にはじまる。精緻な花鳥画の画風は南蘋に直接師事した熊代熊斐(ゆうひ)(1693‐1772)の門下の鶴亭(?‐1785),宋紫石(1716‐80)により近畿や関東に伝わり,江戸後期の画壇に写実主義の風潮がひろまる契機となった。…

※「沈銓」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

沈銓の関連キーワード石崎融思増山雪斎

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android