コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石川晃山 いしかわ こうざん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石川晃山 いしかわ-こうざん

1821-1870* 江戸時代後期の画家。
文政4年生まれ。江戸で谷文晁(ぶんちょう)にまなぶ。九州で鉄翁祖門(てっとう-そもん)らと親交をもち,のち備中(びっちゅう)(岡山県)倉敷にすむ。宋(そう)・元(げん)(中国)の画法を尊重した。明治2年12月2日死去。49歳。下野(しもつけ)(栃木県)出身。名は晃。字(あざな)は士晃。通称は宗助。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

石川晃山の関連キーワードファナリオテスバイロンマンゾーニエルサルバドル近・現代ラテンアメリカ史(年表)奈破崙コッペリア嘉納治兵衛(5代)ゴルフ日本科学史(年表)

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android