コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石川藤八 いしかわ とうはち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石川藤八 いしかわ-とうはち

1843-1914 幕末-大正時代の実業家。
天保(てんぽう)14年生まれ。尾張(おわり)乙川(おつかわ)村(愛知県半田市)で家業の木綿仲買に従事。明治29年石川木綿織工場を創立。30年豊田佐吉とともに乙川綿布合資を設立し,翌年豊田の発明した力織機(りきしょっき)を日本で最初に始動させた。綿布の品質の高さに三井物産が注目し,力織機は急速に普及した。大正3年死去。72歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

石川藤八の関連キーワード石川藤八(7代)

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android