コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石田幽汀 いしだ ゆうてい

美術人名辞典の解説

石田幽汀

江戸後期の画家。播磨生。本姓は橘、名は守直。鶴澤探鯨に学び、のち一家を成す。円山応挙の師である。京都住。天明6年(1786)歿、66才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石田幽汀 いしだ-ゆうてい

1721-1786 江戸時代中期の画家。
享保(きょうほう)6年生まれ。京都の石田半右衛門の養子となり,鶴沢探鯨(つるざわ-たんげい)にまなぶ。写実味のある装飾的画風が特徴。宮中の絵師として法眼(ほうげん)にのぼる。門下に円山応挙,田中訥言(とつげん),原在中らがいる。天明6年5月25日死去。66歳。播磨(はりま)(兵庫県)出身。本姓は橘。名は守直(もりなお)。作品に襖(ふすま)絵「葵祭(あおいまつり)図」,屏風(びょうぶ)絵「花卉(かき)図」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

石田幽汀

没年:天明6.5.25(1786.6.21)
生年:享保6(1721)
江戸中期の画家。名は守直。播磨国(兵庫県)明石に生まれ,京都の石田家の養子となった。鶴沢探鯨に画法を学び,禁裏絵師となって,法眼に叙せられた。鶴沢派の技法を基礎に,写実性を加味して装飾的な画風を確立した。特に教育者として優れており,円山応挙をはじめ田中訥言,原在中など,それぞれ独自の画境を拓いた画家を門下から輩出させたことで知られる。66歳で没し,京都の休務寺に葬られた。代表作に「草花図屏風」(京都・三時知恩寺),京都醍醐寺三宝院襖絵などがある。<参考文献>土居次義『近世日本絵画の研究』

(河野元昭)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

大辞林 第三版の解説

いしだゆうてい【石田幽汀】

1721~1786) 江戸中期の画家。京都の人。狩野派の鶴沢探鯨に学び、諸派を総合して緻密ちみつな装飾画風を確立。円山応挙の最初の師。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の石田幽汀の言及

【田中訥言】より

復古大和絵派の祖と呼ばれる。初め応挙の師として知られる石田幽汀(1721‐86)に学び,後に土佐光貞(1738‐1806)に師事して法橋(ほつきよう)に叙せられた。また1790年(寛政2)新内裏造営,障壁画制作に携っている。…

【円山応挙】より

…丹波国穴太(あのう)村(現,京都府亀岡市)の農家に生まれる。15歳のころ京都へ出て,鶴沢派の画家石田幽汀(1721‐86)に画技を学ぶ。生活のため眼鏡絵の制作に従事し,中国版眼鏡絵を模写,応用して京名所を描いた。…

※「石田幽汀」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

石田幽汀の関連キーワード石田遊汀(1)一宮長常吉村蘭洲石田友汀石田守直狩野派諸派

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

石田幽汀の関連情報