コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石田醒斎 いしだ せいさい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石田醒斎 いしだ-せいさい

1780-1834 江戸時代後期の豪商。
安永9年生まれ。江戸日本橋の呉服商。土佐高知藩,備前岡山藩の御用達。儒学山本北山(ほくざん)に,書を沢田東里(とうり)にまなぶ。万巻の書を所蔵し,多数の文人と交遊。北山門の蒲生君平(がもう-くんぺい)の「山陵志」刊行を援助した。天保(てんぽう)5年8月7日死去。55歳。名は篤(とく)。字(あざな)は伯孝。通称は鍵屋(かぎや)半兵衛,鍵半。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

石田醒斎の関連キーワード鍵屋半兵衛

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android