コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山陵志 さんりょうし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

山陵志
さんりょうし

歴代天皇の陵墓についての研究書。2巻。蒲生君平著。文化5 (1808) 年脱稿。江戸時代後期,勤王主義の蒲生は古代史料に基づいて各陵墓を実地調査し,その復興を志した。第1巻には大和,河内,摂津など 54ヵ所,第2巻には山城 38ヵ所の計 92ヵ所の陵墓について記述。『蒲生君平全集』その他所収。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さんりょうし【山陵志】

2巻。蒲生君平の著。1801年(享和1)に稿成り,1808年(文化5)山崎美成らにより刊行された。君平が執筆を意図した九志の第2にあたる。九志のうち,この《山陵志》と《職官志》のみが完成した。歴代山陵を実地踏査してその変遷を論じ,前方後円墳の語を初めて用いた。大和,河内,和泉,摂津,山城等に所在する92天皇陵(泉涌寺所在の山陵を除く)について,その場所を考証している。古墳研究の先駆となった著作。勤王思想高揚の大きな力となり,また,幕末の山陵研究家に与えた影響は大きい。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

さんりょうし【山陵志】

歴代天皇陵を実地調査し、古図・旧記などによって考証した書。蒲生君平著。二巻。1808年刊。漢文体で記述。天皇陵の荒廃を憂え、復興を説いて、幕末の尊皇論に影響を与えた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

山陵志
さんりょうし

蒲生君平(がもうくんぺい)の著した各天皇陵についての調査書。水戸学の影響を受けた君平が天皇陵の荒廃を嘆き、近畿一帯の山陵を実地に踏査、1801年(享和1)全2巻にまとめた(出版は08年)。大和(やまと)、河内(かわち)、和泉(いずみ)、山城(やましろ)などの地域の全92陵について考証を付し、天皇陵の復興と尊崇を説いている。考古学的意義もあるが、幕末の尊王論に影響を与えた点が大きく、尊王思想の先駆的な著作の一つといえる。『皇学叢書(そうしょ)』第5巻、『蒲生君平全集』、『勤王文庫』第3巻に所収。[奈倉哲三]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の山陵志の言及

【蒲生君平】より

…下野宇都宮の商家の四男として生まれ,儒者鈴木石橋のもとに学び,のち藤田幽谷,林子平らと交わり,水戸学の影響を受けた。荒廃した歴代天皇陵を調査し,1808年(文化5)《山陵志》を著したが,これは幕末尊王論に大きな影響をあたえた。また,ロシア軍艦の北辺出現を契機として1807年に《不恤緯(ふじゆつい)》を著し,幕閣に危機意識と海防の必要性を訴えた。…

【前方後円墳】より

…古くより民間では,その形を身近な器物になぞらえ,車塚(くるまづか),銚子塚(ちようしづか),茶臼山(ちやうすやま),瓢簞山(ひようたんやま),瓢塚(ひさごづか),二子山(ふたごやま)などと呼びならわしてきた。江戸中期の国学者,蒲生君平も《山陵志》(1808)の中で宮車模倣説を唱え,円丘を車蓋に,方丘を轅(ながえ)に見たて,〈前方後円〉と形容したが,それがこの名称の起源となった。そこで便宜上,円丘部を〈後円部〉,方丘部を〈前方部〉,両者の接するところを〈くびれ部〉と呼ぶ。…

※「山陵志」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

山陵志の関連キーワード寛政の三奇人蒲生君平墓栃木(県)名数小辞典車塚古墳石田醒斎荒廃旧記

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android