コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

砂川捨丸 すながわ すてまる

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

砂川捨丸 すながわ-すてまる

1890-1971 明治-昭和時代の漫才師。
明治23年12月27日生まれ。兄砂川千丸の江州(ごうしゅう)音頭の一座をへて,万歳師となる。のち中村春代とくみ,万歳が漫才となったのちも鼓をもって紋付き袴姿で上方で活躍。大正7年漫才師として初のレコード吹き込みをした。昭和46年10月12日死去。80歳。大阪出身。本名は池上捨吉。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

砂川捨丸
すながわすてまる
(1891―1971)

万(漫)才師。本名池上捨吉。大阪に生まれる。1902年(明治35)、兄砂川千丸の江州(ごうしゅう)音頭の一座に参加して大阪・千日前の井筒席で初舞台。24年(大正13)以降中村春代と組み、万才が漫才と改まったのちも紋付羽織袴(はかま)姿で鼓を持った古典的な万才の型を捨てず、上方(かみがた)漫才界で活躍した。一方『ストトン節(ぶし)』や『串本(くしもと)節』の普及にも努め、万才師として初のレコード吹き込み(1916ころ)もした。[向井爽也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の砂川捨丸の言及

【漫才】より

…江州音頭,河内音頭のいいところをとって彼の話芸は育った。この話芸を継いだ砂川捨丸(1890‐1971)は,話の中に今起こったばかりの時事問題をおり込んで芸域を広げ,寄席にかけた。相方(中村春代)には,これまでの鼓(これは万歳からの受継ぎ)に代えて,三味線を持たせた。…

※「砂川捨丸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

砂川捨丸の関連キーワード浮世亭 夢丸中村 春代昭和時代串本節

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

砂川捨丸の関連情報