コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

硫鉄ニッケル鉱 りゅうてつニッケルこうpentlandite

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

硫鉄ニッケル鉱
りゅうてつニッケルこう
pentlandite

(FeNi)9S8ニッケル鉱石鉱物の一種。ペントランド鉱ともいう。等軸晶系,銅黄色で,金属光沢。塊状,不透明。硬度 3.5~4でもろい。比重 4.6~5。条痕は淡黄褐色。磁硫鉄鉱に伴って火成岩接触交代鉱床熱水鉱床などから産する。ニッケル鉱床として著名なカナダのサドバリーの鉱石はこれである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

硫鉄ニッケル鉱【りゅうてつニッケルこう】

ペントランダイトとも。ニッケルの主要な鉱石鉱物。組成は(Fe,Ni)9S8で,FeとNiの量比は5:1〜6:7まで変化する。等軸晶系。塊状または粒状産出

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

硫鉄ニッケル鉱
りゅうてつにっけるこう

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

硫鉄ニッケル鉱の関連キーワード製錬鉄鉱

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android