硫鉄ニッケル鉱(読み)りゅうてつニッケルこう(英語表記)pentlandite

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

硫鉄ニッケル鉱
りゅうてつニッケルこう
pentlandite

(Fe,Ni)9S8ニッケル鉱石鉱物の一種。ペントランド鉱ともいう。等軸晶系,銅黄色で,金属光沢塊状,不透明。硬度 3.5~4でもろい。比重 4.6~5。条痕は淡黄褐色。磁硫鉄鉱に伴って火成岩接触交代鉱床熱水鉱床などから産する。ニッケル鉱床として著名なカナダのサドバリーの鉱石はこれである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

硫鉄ニッケル鉱【りゅうてつニッケルこう】

ペントランダイトとも。ニッケルの主要な鉱石鉱物。組成は(Fe,Ni)9S8で,FeとNiの量比は5:1〜6:7まで変化する。等軸晶系。塊状または粒状産出。黄色で金属光沢をもち不透明。硬度約5,比重4.6〜5.0。苦鉄質火成岩,接触交代鉱床,熱水鉱床などに産出。カナダのサドベリ鉱山が有名。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android