コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

碑学 ひがくBēi xué

世界大百科事典 第2版の解説

ひがく【碑学 Bēi xué】

中国,北朝の碑の書風を学ぶ一派のこと。法帖(ほうじよう)によって学ぶ立場の帖学に対していう。帖学は王羲之一派の風を尊び,宋・元・明より清朝の嘉慶(1796‐1820)の末年ごろまで盛んに行われたが,金石学の発展に伴って碑学がしだいに優勢になった。鄧石如(とうせきじよ)は篆隷(てんれい)の書法をよくし,碑学の開祖とされる。当時,書を学ぶ者に大きな刺激を与え,北朝の碑が重んじられる端緒を開いたのは,阮元(げんげん)の《南北書派論》と《北碑南帖論》である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の碑学の言及

【書】より

…すなわち,張瑞図,黄道周,王鐸(おうたく),倪元璐(けいげんろ),傅山(ふざん)らがその代表的な書家で,明に殉じたもの,清朝に再任したものなど,処世の態度はそれぞれ異なるが,激動期を生きる人間の苦悩を長条幅の連綿草に託して吐露した点で共通している。 清朝の書を鳥瞰すると,帖学派と碑学派の2種に大別することができる。帖学派とは,法帖に刻された二王をはじめ魏・晋・南朝人の書を典型として学ぶ派で,さらに晋人の風気を伝える米芾,趙孟頫,董其昌らの書を学ぶ人々をも加えていう。…

【書論】より

…書に現れた時代性を初めて解明し,率意の書を重んじ,技法の修練の果てに得られる精神の自由を説いて,その後の書壇に最も大きな指導力を発揮した。清朝の書は,前半の帖学派と後半の碑学派の二つに大別することができる。帖学派の書論は,馮班,姜宸英,楊賓,王澍,梁同書,梁巘(りようけん),朱和羮(しゆわこう),周星蓮らによって書かれ,理論は前代よりもますます精緻なものになった。…

※「碑学」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

碑学の関連キーワード【とう】石如何紹基韓天寿

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android