コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

磁気探知機 じきたんちきmagnetic detector

2件 の用語解説(磁気探知機の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

磁気探知機
じきたんちき
magnetic detector

磁気の作用を活用し,主として潜水艦を探知する装置。固定用のものは港湾や海峡などに大型コイルを沈めておき,近くを潜水艦が通過すると,それによって乱される地球磁場の動きを,大型コイルに接続して監視している陸上の装置が反応する仕組みになっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

磁気探知機【じきたんちき】

沿岸の海底や航空機に設置して潜航中の潜水艦を探知する装置。数万回巻いたコイルを主体とし地磁気変動補償回路などを設けたもので,潜水艦により生ずる磁束変化を検流計,電圧計またはマイクロホンなどで探知する。
→関連項目対潜哨戒機対潜兵器電子兵器

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

磁気探知機の関連情報