礪波平野(読み)となみへいや

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

礪波平野
となみへいや

富山県西部にある沖積平野。庄(しょう)川の扇状地が大部分を占めるが、南部は高清水(たかしょうず)山地から流れる諸川の複合扇状地、西部は小矢部(おやべ)川の狭い流域平野である。庄川は古代には北西に流れていたが、洪水ごとに流路を東に転じてきた。現在の河道が固定するようになったのは、1714年(正徳4)の洪水後に加賀藩によって松川除(まつかわよけ)の堤防が完成してからである。
 古代には豪族礪波臣志留志(となみのおみしるし)が支配していた地で、また、東大寺の荘園(しょうえん)の多かった所である。加賀藩は開田に力を注ぎ、平野を穀倉地帯にした。平野の中心には出町(でまち)、福野、福光などの市場町が発達した。昭和初期には扇頂部の青島(現、砺波市)に庄川合口(ごうくち)ダムが完成し、平野の灌漑(かんがい)用水はすべてここで取水するようになった。
 平野の散居集落は「礪波平野の散村」として知られる。カイニュ(垣入)とよばれる屋敷林に囲まれた農家が水田地帯に約200メートルの間隔で散在し、独特の風景を展開する。散村の起源については諸説があるが、少なくとも近世以前からあったとされる。[深井三郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android