コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

福光 ふくみつ

3件 の用語解説(福光の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

福光
ふくみつ

富山県南西部,南砺市西部の旧町域。小矢部川の上流域に位置する。西で石川県に接する。 1952年福光町 (1889年町制) と石黒村,広瀬村,広瀬館 (ひろせたち) 村,西太美 (にしふとみ) 村,東太美村,太美山村,吉江 (よしえ) 村,北山村,山田村の9村が合体して成立。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

福光
ふくみつ

富山県南西部、西礪波(にしとなみ)郡にあった旧町名(福光町(まち))。現在は南砺(なんと)市の西部を占める一地区。1889年(明治22)町制施行。1952年(昭和27)西礪波郡石黒、広瀬、広瀬館(ひろせだて)、西太美(にしふとみ)、太美山、東太美、吉江の7村と東礪波郡北山田、山田の2村と合併、1955年南蟹谷(みなみかんだに)村を編入。2004年(平成16)東礪波郡の城端(じょうはな)町、井波(いなみ)町、福野(ふくの)町、平(たいら)村、上平(かみたいら)村、利賀(とが)村、井口(いのくち)村と合併、市制を施行して南砺市となる。旧町域は、西部を石川県に接し、医王山(いおうぜん)の山麓(さんろく)一帯と小矢部(おやべ)川流域の礪波平野の一部を占める。JR城端線、国道304号が通じ、東海北陸自動車道の福光インターチェンジがある。金沢市へもバスが連絡する。古くから加賀(石川県)への峠越えの道がいくつかあり、近世は金沢城下へ通じていた。中心の福光は礪波平野の市場町として発達した。山田地区を中心にカキ栽培が盛んで干し柿(がき)の「越(こし)の白柿」で知られる。家具類や木製バット(全国シェア40%)、ゲートボール用具などの木製運動具の製造が盛ん。三協立山アルミ福光工場がある。[深井三郎]
『『福光町史』(1971・福光町) ▽『ジュニア版・福光町史』(1983・福光町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

福光の関連キーワード富山県南砺市入谷富山県南砺市北川富山県南砺市西明富山県南砺市柴田屋富山県南砺市高瀬富山県南砺市殿富山県南砺市西原富山県南砺市苗島富山県南砺市法林寺富山県南砺市やかた

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

福光の関連情報