コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

出町 でまち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

出町
でまち

富山県西部,砺波市の中心市街地。旧町名。慶安2 (1649) 年杉木 (すぎのき) 新町として藩から町立てを許され,加賀藩砺波奉行所がおかれた。明治以降も郡役所,地方事務所がおかれるなど砺波地方の行政の中心地。金属,電器酒造の各工業が盛ん。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔富山県〕出町(でまち)


富山県砺波(となみ)市の中心地区。砺波平野の中心をなす市場町として発展。江戸時代は杉木(すぎのき)新村の通称だったが、1889年(明治22)の町制施行で出町となる。砺波地方の行政・経済の中心地として郡役所などがおかれていた。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

出町
でまち

富山県西部、砺波(となみ)市の中心地区。江戸時代には杉木(すぎのき)新村の通称で、礪波平野の中心的な市場町であった。1889年(明治22)の市町村制施行で出町となり、郡役所、裁判所などが置かれた。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の出町の言及

【砺波[市]】より

…古代から墾田が開かれ,江戸時代には加賀藩が庄川の流路変更の治水工事を行い,新田を開拓した。市街地の中心出町は1649年(慶安2)町立てされて以来市場町として発展し,位置的な利点から周辺農村の物資集散地としての役割を果たしてきた。市域の2/3は水田であるが,第2次大戦後急速に兼業化が進んで現在は100%近くに達している。…

※「出町」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

出町の関連キーワード東京都西多摩郡日の出町大久野東京都西多摩郡日の出町平井大分県速見郡日出町真那井大分県速見郡日出町平道大分県速見郡日出町広瀬大分県速見郡日出町大神大分県速見郡日出町川崎大分県速見郡日出町南畑大分県速見郡日出町豊岡イオンモール日の出叡山電鉄叡山本線東京都西多摩郡加藤 源之助二階堂美術館富山県砺波市大分県速見郡近江八幡市砺波(市)砺波[市]太平灘正宗

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

出町の関連情報