コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

祇園尚濂 ぎおん しょうれん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

祇園尚濂 ぎおん-しょうれん

1713-1792* 江戸時代中期の儒者。
正徳(しょうとく)3年生まれ。祇園南海の次男。紀伊(きい)和歌山藩士。38歳のとき不行跡を理由に城下を追われ,13年後に帰参,55歳で藩の儒官となる。漢詩と梅の水墨画をよくした。寛政3年12月14日死去。79歳。字(あざな)は師援。通称は孫三郎,余一。号は餐霞,鉄船。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

祇園尚濂の関連キーワードハプスブルク家ヤーノシークスペイン領ネーデルラントフリードリヒ1世(3世)バークリー(George Berkeley)ビバルディピエモンテロイズ総合年表(アメリカ)浅野青洲