コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

帰参 キサン

デジタル大辞泉の解説

き‐さん【帰参】

[名](スル)
帰ってくること。
一度ひまをとった主人のもとに再び仕えること。「帰参がかなう」「元の職場へ帰参する」
勘当されて家を出た者が、許されて親元へ帰ること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きさん【帰参】

( 名 ) スル
帰ってくること。
一度主家を離れた者が、再び帰って仕えること。 「 -がかなう」
勘当された子供が許されて親元へ帰ること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

帰参の関連キーワード岸沢式佐(3世)天野屋太郎左衛門常陸山谷右衛門枚田弥兵衛小笠原貞宗桜姫東文章高取八蔵山名氏家山名時義成瀬正成葉室光忠蜂屋貞次観世黒雪山名義理本庄繁長本多正重斯波高経後藤基次畿内近国足利義詮

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

帰参の関連情報