コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

祝神 いわいがみ

2件 の用語解説(祝神の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

祝神
いわいがみ

山梨県から長野県にかけて,本家分家関係にある数戸ないし十数戸の家々が合同で祀る神。イワイデンともイワイジンとも呼ばれる。集落の一隅のこんもりと茂った森の中に小さな祠を設ける場合が多く,一般に祭神は稲荷,春日,津島,天神などが多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

祝神【いわいがみ】

長野,山梨,兵庫などに見られる同族神。いわいじん,祝殿(いわいでん)とも。集落内の森などに祠(ほこら)を建て,数戸から十数戸の同族の家が一族の守護神としてまつる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

祝神の関連キーワード同族団かけかけ・し分去本家・分家山梨県甲府市梯町山梨県山梨市北山梨県山梨市大工山梨県甲府市宝山梨県山梨市西山梨県山梨市矢坪

祝神の関連情報