コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

祝神 いわいがみ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

祝神
いわいがみ

山梨県から長野県にかけて,本家分家関係にある数戸ないし十数戸の家々が合同で祀る神。イワイデンともイワイジンとも呼ばれる。集落の一隅のこんもりと茂った森の中に小さな祠を設ける場合が多く,一般に祭神は稲荷,春日,津島,天神などが多い。同族神の典型と考えられ,祭日は春は2月と4月,秋は 11月に集中していて,日本の伝統的な氏神祭の祭日とほぼ一致している (→氏神 ) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

祝神【いわいがみ】

長野,山梨,兵庫などに見られる同族神。いわいじん,祝殿(いわいでん)とも。集落内の森などに祠(ほこら)を建て,数戸から十数戸の同族の家が一族の守護神としてまつる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

祝神の関連キーワード甑島のトシドン坂祝(町)吉川温恭としどん御柱祭屋敷神

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android