雑多(読み)ざった

精選版 日本国語大辞典「雑多」の解説

ざっ‐た【雑多】

〘名〙 (形動) いろいろな種類のものが入りまじっていること。また、そのさま。
※最暗黒之東京(1893)〈松原岩五郎〉一四「雑多(ザッタ)仔什の我楽多的古器物
※或る女(1919)〈有島武郎〉前「雑多に置きならべられたなまめかしい女の服地や」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「雑多」の解説

ざっ‐た【雑多】

[名・形動]いろいろなものが入りまじっていること。また、そのさま。「雑多な展示物」
[類語]混合混じる混ざる混交交錯まぜこぜちゃんぽん折衷さまざま各種種種諸種いろいろ多様多様化多面多面的多方面多岐多種多種多様多彩数数いろんなとりどり色とりどり種種くさぐさ諸諸もろもろ百般万般諸般よろず各人各様十人十色千差万別マルチ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

秋の名残

秋の趣を感じさせる最後のもの。冬になっても残っている秋の趣。《季・秋》※堀河百首(1105‐06頃)冬「いかばかり秋の名残をながめまし今朝は木葉に嵐吹かずは〈源俊頼〉」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android