コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

津島 つしま

8件 の用語解説(津島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

津島
つしま

愛媛県南西部,宇和島市南部の旧町域。宇和海に臨む町。 1955年岩松町と清満村,御槇村,畑地村,下灘村,北灘村の5村が合体して津島町が発足。 2005年宇和島市吉田町,三間町と合体して宇和島市となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

つしま【津島】

愛知県西部の市。津島神社の門前町として発達。毛織物の発祥の地。人口6.5万(2010)。

つしま【津島】[姓氏]

姓氏の一。
[補説]「津島」姓の人物
津島佑子(つしまゆうこ)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

津島

徳島県海部郡牟岐(むぎ)町、牟岐湾沖合いにある無人島。スジダイ、アコウなどが自生し、「津島暖地性植物群落」として国の天然記念物に指定されている。

津島

香川県三豊市、三野津湾にある無人島。津嶋神社があり、夏の例大祭の際には津島橋によって四国本土と結ばれる

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

つしま【津島】

愛知県西部にある市。毛織物・家具・機械工業が盛ん。津島神社がある。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

津島
つしま

愛媛県南部、北宇和郡にあった旧町名(津島町(ちょう))。現在は宇和島市の南部を占める地域。宇和海に面し、東は高知県に接する。旧津島町は、1955年(昭和30)岩松町と清満(きよみつ)、御槇(みまき)、畑地(はたじ)、下灘(しもなだ)、北灘の5村が合併して成立。2005年(平成17)吉田町、三間(みま)町とともに宇和島市に合併。国道56号が通じる。町名は中世にこの地を領有した津島氏にちなむ。県境の篠(ささ)山(1065メートル)には山岳信仰の篠山権現がある。篠山は宇和島藩時代には土佐藩との間にしばしば境界紛争のあった所。沿岸はリアス式海岸で、足摺(あしずり)宇和海国立公園に属し、かつてはイワシの宝庫であったが、現在は真珠母貝とハマチ養殖などが行われている。中心の岩松は近世以来の在町で、かつては河港としても栄えた。山間の御内(みうち)や槇川は林業、シイタケ栽培が中心で、かつては養蚕も盛んであった。高知県宿毛(すくも)地方との交流が深い。[横山昭市]
『『津島町誌』(1975・津島町) ▽『津島町誌 改訂版』(2005・津島町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

津島の関連キーワード宇和島愛媛県宇和島市宇和津町愛媛県宇和島市御殿町愛媛県宇和島市新町愛媛県宇和島市住吉町愛媛県宇和島市野川愛媛県宇和島市丸穂愛媛県宇和島市丸之内愛媛県宇和島市蕨愛媛県宇和島市和霊町

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

津島の関連情報