コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神吉晴夫 かんき はるお

2件 の用語解説(神吉晴夫の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

神吉晴夫 かんき-はるお

1901-1977 昭和時代の出版人。
明治34年2月15日生まれ。昭和2年講談社に入社。20年光文社創立に参加し,出版局長として「少年期」「二十四の瞳(ひとみ)」などを刊行。29年新書判のカッパ・ブックスを発刊,「文学入門」などのベストセラーを刊行。33年「女性自身」創刊。36年社長となるが,労働争議により45年退陣。昭和52年1月24日死去。75歳。兵庫県出身。東京帝大中退。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

神吉晴夫
かんきはるお
(1901―1977)

出版経営者。明治34年2月15日兵庫県生まれ。東京外国語学校卒業、のち東京帝国大学仏文科に入学するが中退。1927年(昭和2)講談社入社。社長野間清治(のませいじ)のもとでおもに宣伝部門を担当。1945年(昭和20)に講談社系の光文社創立に参加、出版局長として『少年期』『二十四の瞳(ひとみ)』などのベストセラーを刊行。1954年に新書判のカッパ・ブックスを発刊、『文学入門』『欲望』『英語に強くなる本』など続々とベストセラーを刊行する。編集者はプロデューサーとして著者と共同で本をつくらなければならないという信念をもち、自らこれを「創作出版」と名づけた。1965年社長に就任。マスプロ、マスセール、マスアドによるベストセラー作法として一時期を画した。1970年光文社争議によって退社。1977年(昭和52)かんき出版を創立するが、同年1月24日死去。著書に『カッパ軍団をひきいて』などがある。[清田義昭]
『神吉晴夫著『俺は現役だ』(1964・オリオン社) ▽『カッパ軍団をひきいて』(1976・学陽書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

神吉晴夫の関連キーワード石井満河出孝雄栗田確也佐藤義夫(2)鈴木一平寺村五一羽田武嗣郎美作太郎目黒甚七矢部良策

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

神吉晴夫の関連情報