コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二十四の瞳 にじゅうしのひとみ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

二十四の瞳
にじゅうしのひとみ

日本映画。 1954年松竹作品。監督,脚本木下恵介。原作壺井栄。撮影楠田浩之。音楽木下忠司。主演高峰秀子瀬戸内海小豆島を舞台に,新任の大石先生 (高峰) と 12人の教え子との交流を描く。童謡七つの子』のテーマ音楽をバックに,28年から第2次世界大戦後までの生活が,戦争体験を核として詩情豊かに描かれ,師弟愛,友情,庶民感慨反戦的心情などがうたい上げられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

二十四の瞳

小豆島出身の作家壺井栄の小説を、松竹が1954年に映画化した。高峰秀子の主演。昭和3年、岬の分教場にやってきた新米の「おなご先生」を1年生12人が迎える。戦前から戦後にかけ、教師と教え子の心の交流を描く。同年のキネマ旬報ベストテン「日本映画」の1位に輝いた。

(2006-12-21 朝日新聞 朝刊 静岡全県 2地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

デジタル大辞泉の解説

にじゅうしのひとみ〔ニジフシのひとみ〕【二十四の瞳】

壺井栄の小説。昭和27年(1952)発表。第二次大戦前後の世相を背景に、瀬戸内海の島に赴任した若い女性教師と12人の生徒たちの交情を描く。
木下恵介監督・脚色による映画の題名。昭和29年(1954)公開。出演、高峰秀子、天本英世、田村高広ほか。第28回キネマ旬報ベストテンの日本映画ベストワン作品。ゴールデングローブ賞外国語映画賞受賞。
朝間義隆監督、木下恵介脚本による映画の題名。昭和62年(1987)公開。出演、田中裕子、武田鉄矢、紺野美沙子ほか。
[補説]はいずれもを原作とする作品。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

二十四の瞳【にじゅうしのひとみ】

壺井栄の小説。1952年発表。瀬戸内海のある岬の分教場に勤める女教師大石久子と12人の教え子の,昭和初年から終戦後にいたる受難と心のふれあいを抒情的に描く。1954年木下恵介監督により映画化。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

二十四の瞳

1987年公開の日本映画。監督・脚色:朝間義隆、原作:壷井栄、脚本:木下惠介。出演:田中裕子武田鉄矢紺野美沙子、川野太郎、佐々木すみ江、友里千賀子、左時枝ほか。

二十四の瞳

1954年公開の日本映画。英題《Twenty-Four Eyes》。監督・脚色:木下恵介、原作:壷井栄、録音:大野久男。出演:高峰秀子、天本英世、田村高廣、小林トシ子、笠智衆ほか。ゴールデングローブ賞外国語映画賞受賞。第28回キネマ旬報ベスト・テンの日本映画ベスト・ワン作品。第9回毎日映画コンクール日本映画大賞、監督賞、脚本賞、録音賞受賞。第5回ブルーリボン賞作品賞、脚本賞、主演女優賞(高峰秀子)ほか受賞。

二十四の瞳

NHKのテレビドラマ「少年ドラマシリーズ」の作品のひとつ。放映は1974年11月。原作:壷井栄の同名小説。脚本:田中澄江。出演:杉田景子、文野朋子ほか。小豆島の村に赴任してきた女性教師と生徒たちとの触れ合いを描く。

二十四の瞳

TBS系列放映による日本の昼帯ドラマ。花王愛の劇場。1979年7~8月放映(全40回)。原作は壺井栄の同名小説。出演:島かおり、山本亘ほか。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

にじゅうしのひとみ【二十四の瞳】

壺井栄(1900‐67)の長編小説。1952年2~11月《ニュー・エイジ》に連載。瀬戸内海に浮かぶ小島の岬の分校に赴任してきた若い女教師大石久子と,その教え子12人を主人公に,1928年(昭和3)から二十数年間のさまざまな人生を描く。日本の軍国主義化,中国への侵略,第2次世界大戦,そして敗戦へとつながる時代を背景に,登場人物たちのたどった運命を描いたこの作品は,必然的に反戦・平和の主題を展開させている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

にじゅうしのひとみ【二十四の瞳】

小説。壺井栄作。1952年(昭和27)刊。若い女性教師大石先生と一二人の教え子との、太平洋戦争をはさんだ交流を描く。
を原作とする映画。木下恵介監督。高峰秀子主演。1954年(昭和29)封切。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

二十四の瞳
にじゅうしのひとみ

壺井栄(つぼいさかえ)の長編小説。1952年(昭和27)2月から11月までキリスト教系の青年雑誌『ニュー・エイジ』に連載、同年12月に光文社から刊行。瀬戸内海の小豆島(しょうどしま)に生まれた大石先生が新卒の女教師として島の岬の小学校に赴任、そこで受け持った12人の子どもをかわいがる。しかし、第二次世界大戦の嵐(あらし)はこの小さな島の子どもたちをも巻き込み、ある少女は紅灯の巷(ちまた)へ、ある少年は戦場へと行ってしまい、戦争が終わったときには大石先生も子持ちの未亡人となっていた。戦争に対する抗議に裏打ちされた、子どもにも大人にも読まれる家庭小説の秀作。1954年に木下恵介(けいすけ)監督・高峰秀子主演で映画化された。舞台となった小豆島の土庄(とのしょう)港には主人公たちのブロンズ像が建てられている。[上笙一郎]

映画

日本映画。1954年(昭和29)、木下恵介監督。原作は壺井栄。小豆島の小学校教師に赴任した久子(高峰秀子)は、12人の子どもの担任になる。子どもたちの信頼を得る久子だが、戦争は人命を尊重する彼女の考え方を圧迫していく。久子の夫は戦死し、戦後には娘が亡くなる。そしてかつての教え子のなかには病死、戦死、失明した者がいた。戦後の日本映画界でもっとも活躍した監督の一人である木下の代表作。木下には実験的な作品も少なくないが、本作はある女性の半生と、彼女と教え子との深い信頼関係が正攻法で描かれている。結果として平凡で健気な市民の生活を奪い去る戦争に対する告発に成功しており、そういう意味では本作は反戦映画であるともいえる。[石塚洋史]
『国分一太郎「二十四の瞳」(朝日ジャーナル編『小さい巨像』所収・1974・朝日新聞社) ▽『世界の映画作家31 日本映画史』(1976・キネマ旬報社) ▽『映画史上ベスト200シリーズ 日本映画200』(1982・キネマ旬報社) ▽佐藤忠男著『日本映画史2、3、4』増補版(2006・岩波書店) ▽猪俣勝人・田山力哉著『日本映画作家全史 上』(社会思想社・現代教養文庫) ▽文芸春秋編『日本映画ベスト150――大アンケートによる』(文春文庫ビジュアル版) ▽『二十四の瞳』(旺文社文庫・偕成社文庫・角川文庫・講談社文庫・新潮文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の二十四の瞳の言及

【木下恵介】より

…以来,好敵手とみなされ,実際,お互いの戦後第1作,木下《大曾根家の朝》と,黒沢《わが青春に悔なし》(ともに1946)は,〈戦後の民主的な日本映画の最初の代表作〉(岩崎昶)になる。戦争の悲劇や反戦の思想を描いたヒューマニズム映画(《陸軍》1944,《日本の悲劇》1953,《二十四の瞳》1954)からロマンティック・コメディ(《お嬢さん乾杯》1949,《カルメン故郷に帰る》1951,《今年の恋》1962)に至るまで,多種多様の主題と傾向の映画をこなすが,その底に共通する二つの大きな特質は〈抒情〉と〈モダニズム〉ということばでしばしば呼ばれるものである。戦後最大の〈催涙映画〉といわれた《二十四の瞳》から《喜びも悲しみも幾歳月》(1957)に至る抒情と感傷,そして,日本最初の国産カラー(フジカラー)による長編劇映画の実験(《カルメン故郷に帰る》),〈純情す〉という新しいことばの使い方にこめられたモダンな感覚(《カルメン純情す》1952),回想シーンをすべて白くぼかした楕円形で囲む試み(《野菊の如き君なりき》1955),歌舞伎の舞台の転換や義太夫,長唄を使った話法(《楢山節考》1958),モノクロを基調にした画面に効果的にほんの一部分だけ着色したパート・カラー方式(《笛吹川》1960)等々のさまざまな新趣向のテクニックを駆使した。…

【土庄[町]】より

…特天),肥土山の農村歌舞伎舞台(重要有形民俗文化財)のほか,北部の小海(おみ)には大坂城石垣の石切丁場跡が残る。銚子渓,双子浦や,映画《二十四の瞳》の像として知られる〈平和の群像〉などもある。【赤池 享一】。…

※「二十四の瞳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

二十四の瞳の関連キーワード香川県小豆郡小豆島町田浦二代目コロムビアローズ香川県小豆郡小豆島町二十四の瞳〈第2部〉壺井栄・壷井栄内海(香川県)ニュー・エイジ堀井 小二朗壺井栄文学館小林 十九二高原 駿雄有安多佳子くぼた洋子小林十九二渡辺多美子内海〈町〉原田くるみ太平洋戦争高村 潔徳田尚美

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

二十四の瞳の関連情報