新書判(読み)シンショバン

百科事典マイペディアの解説

新書判【しんしょばん】

出版物の一形式。多くはB6判より小型(縦173mm,横106mm前後)のペーパーバックの一種で,扱う分野は多様だが専門的なテーマのものでも平易にして一般的普及を目ざす。英国のペリカン・ブックス(ペンギン・ブックス参照)を参考に1938年岩波書店から刊行された岩波新書が最初で,新書判の名称もこれに由来。1950年代後半カッパブックスなどこの種の出版物が急増し,いわゆる新書ブームが起こった。
→関連項目クセジュ文庫

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

しんしょばん【新書判】

出版物の判型の一。文庫本より大きく、 B6 判よりやや小さい。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

新書判
しんしょばん

1938年(昭和13)に発刊された岩波新書がペリカン・ブックスを模して採用した縦長の本の判型。古い呼称では三六判。B判の用紙から40面とれることからB40取ともよばれる。現在、基準寸法は106ミリメートル×173ミリメートルだが、規格判ではないため発行元によって多少寸法に違いがある。持ち運びに便利なため廉価軽装本として広く普及し、シリーズ名に「新書」を名のるものが多かったのでこの名称が定着した。97年(平成9)の新刊出版点数は3348点で、書籍全体の5.1%を占める。[矢口進也]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

図書館情報学用語辞典の解説

新書判

日本工業規格(JIS)外の判型.B列本判の用紙(765×1,085mm)から40枚取った大きさのことで,B判40取,三六判ともいう.B6判よりやや小型で,約182×103mm.1938(昭和13)年に岩波新書がこの大きさで刊行されてから,この通称で呼ばれるようになった.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しんしょ‐ばん【新書判】

〘名〙 出版物の判型の一つ。B6判よりやや小さく、縦約一七センチメートル、横約一一センチメートルの大きさで、比較的気軽に読める内容の読物を集めた、廉価軽装本の叢書。新書。
※窓のうちそと(1957)〈清水一〉あれこれ「隣りの客は新書版の本を読んだ姿勢を絶対にくずしてくれない」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

新書判の関連情報