コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新書判 シンショバン

5件 の用語解説(新書判の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しんしょ‐ばん【新書判】

出版物の判型の一。B6判より少し小さく、縦176ミリ、横113ミリ。→判型2

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

新書判【しんしょばん】

出版物の一形式。多くはB6判より小型(縦173mm,横106mm前後)のペーパーバックの一種で,扱う分野は多様だが専門的なテーマのものでも平易にして一般的普及を目ざす。
→関連項目クセジュ文庫

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

しんしょばん【新書判】

出版物の判型の一。文庫本より大きく、 B6 判よりやや小さい。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

新書判
しんしょばん

1938年(昭和13)に発刊された岩波新書ペリカン・ブックスを模して採用した縦長の本の判型。古い呼称では三六判。B判の用紙から40面とれることからB40取ともよばれる。現在、基準寸法は106ミリメートル×173ミリメートルだが、規格判ではないため発行元によって多少寸法に違いがある。持ち運びに便利なため廉価軽装本として広く普及し、シリーズ名に「新書」を名のるものが多かったのでこの名称が定着した。97年(平成9)の新刊出版点数は3348点で、書籍全体の5.1%を占める。[矢口進也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

図書館情報学用語辞典の解説

新書判

日本工業規格(JIS)外の判型.B列本判の用紙(765×1,085mm)から40枚取った大きさのことで,B判40取,三六判ともいう.B6判よりやや小型で,約182×103mm.1938(昭和13)年に岩波新書がこの大きさで刊行されてから,この通称で呼ばれるようになった.

出典|図書館情報学用語辞典 第4版
©All Rights Reserved, Copyright Nihon Toshokan Joho Gakkai, 2013 編者:日本図書館情報学会用語辞典編集委員会 編
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

新書判の関連キーワード電子出版官版パンフレット菊半截出版物秘密出版出版警察B6判ビデオブックb6

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

新書判の関連情報