コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神学の婢 シンガクノヒ

デジタル大辞泉の解説

しんがく‐の‐ひ【神学の×婢】

《〈ラテン〉ancilla theologiaeスコラ学の用語。哲学は女主人に仕える婢(はしため)のように、神学に隷属するものでなければならないということ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しんがくのひ【神学の婢】

中世のスコラ学の体系で、哲学の神学に対する従属的位置を表すのに使われた表現。哲学は神学を理解するために役立つかぎりで価値があるとする。神学の侍女。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

神学の婢
しんがくのひ
ancilla theologiaeラテン語

中世の神学者ペトルス・ダミアニPetrus Damiani(1007―72)が、神学に対する哲学の関係を表すのに用いた用語。当時、聖書の権威に対して、理性の権威を強調した弁証学dialecticaという哲学的な学問があった。これに対して彼は、弁証学がキリスト教の神秘を解明するために利用される場合の基準をつくり、弁証学は女主人に仕える婢のように、神学に隷属するものでなければならないとした。[加藤信朗]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

神学の婢の関連キーワードスコラ哲学史学史

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android