コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神崎正誼 かんざき まさよし

1件 の用語解説(神崎正誼の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

神崎正誼 かんざき-まさよし

1837-1891 明治時代の実業家。
天保(てんぽう)8年9月25日生まれ。初代東京赤坂区長から紙幣寮に勤務。明治7年築地に活字製造業弘道軒を創設し,楷書体活字の製作に着手。15年日本で最初に1号から5号までの清朝体活字各5000字の字母を完成させた。明治24年12月14日死去。55歳。薩摩(さつま)(鹿児島県)出身。号は弘道軒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

神崎正誼の関連キーワード菅克復小林平三郎田村利七那須善右衛門西川甫橋本喜助伏島近蔵曲田成三井高朗密田林蔵(9代)

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone