コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神明鏡 しんめいかがみ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

神明鏡
しんめいかがみ

神武天皇から後花園天皇までの年代記。上下2巻。作者未詳。南北朝時代末期に成立し,永享2 (1430) 年まで書き継がれた。かな交りで記述。『続群書類従』『史籍集覧所収

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しんめいかがみ【神明鏡】

神武天皇から後花園天皇にいたる年代記。上下2巻より成る。作者不詳。14世紀後半,後円融天皇のころの成立かと推測される。年代記とはいうものの史実と思われない記事がかなりあり,仏教色に富んだ伝承をとり入れている。時代が下るにつれ,《保元物語》《平治物語》《平家物語》《太平記》などによった合戦譚の記事が目だつようになる。雑然とした内容であるが,本書から逆に《太平記》成立の時期を推定できると考えられている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

神明鏡の関連キーワード神武天皇

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android