神楽堂(読み)かぐらどう

精選版 日本国語大辞典の解説

かぐら‐どう ‥ダウ【神楽堂】

〘名〙
① 神社の境内にあって、里神楽を演ずる建物。神楽殿。神楽屋。
※浮世草子・色里三所世帯(1688)中「神楽堂(カグラダウ)の舞姫みなみなとしはよれ共、是も女とおもへばけふばかりは見るもいやにて足ばやに下向して」
② 江戸時代、歌舞伎劇場の観客の席の名称。舞台の下手の奥に設けられた最低の見物席。羅漢台。
※戯場訓蒙図彙(1803)二「通天。神楽堂 此ふたつの棚(さんじき)は近き頃より初歟」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android