コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神水 ジンスイ

デジタル大辞泉の解説

じん‐すい【神水】

《「しんずい」「しんすい」とも》
神前に供える水。また、誓いのしるしとして神前で飲む水。
霊験ある水。神聖な水。
陰暦5月5日の午(うま)の時に降った雨が竹の節にたまったもの。この水で薬を製するとよく効くという。 夏》

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しんすい【神水】

じんずい(神水) 」に同じ。
不思議な霊験をもつという水。

じんずい【神水】

〔「しんすい」 「じんすい」とも〕
神前に供える水。神に誓うときに飲んだ。 「牛血を啜つて-と成し、是を起請の始とす/歌舞伎・韓人漢文」
神域に湧き出ている水。神聖な水。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

神水の関連キーワード琵琶湖開発事業の割賦負担金群馬県太田市新田大根町南北朝時代(日本)古座川県立自然公園東京都中央区泉神社湧水新田荘遺跡陶晴賢の妻中西 牛郎一味神水百姓申状太陽の花民間療法百姓一揆御水借り金王盛俊笠原三安佐沢太郎中西牛郎島村光津

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

神水の関連情報