コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

留守神 ルスガミ

4件 の用語解説(留守神の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

るす‐がみ【留守神】

神無月(かんなづき)出雲に参集せず、その土地にとどまるという神。恵比須神が多いが、地方によって違いがある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

るすがみ【留守神】

神無月(かんなづき)(旧暦10月)には,日本中の神々が出雲の出雲大社に集まるという伝えが平安時代からあるが,そのとき留守居をするという神がある。一般には,オカマサマあるいは荒神(こうじん),恵比須,大黒,亥子(いのこ)の神を留守神としているところが多く,これらの神は,家屋に定着した家の神である点で共通する。武蔵の総社である六所明神(大国魂神社)や信濃の諏訪明神(諏訪大社)など,各地の大社には,神の本体が蛇なので出雲に行かないという伝えがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

るすがみ【留守神】

神無月に他の神々が出雲へ行っている間、家にいて留守をすると考えられている神。荒神・恵比須・大黒・亥の子の神などをいう場合が多い。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

留守神
るすがみ

神無月(かんなづき)(旧暦10月)に神々が出雲(いずも)へ集合している間、家や村にとどまって留守をしているという神。竈(かまど)神(荒神(こうじん))、恵比須(えびす)、大黒(だいこく)、亥(い)の子(こ)神、道祖神(どうそじん)、金比羅(こんぴら)などを留守神とする所が多く、これらは総じて田の神、家の神的性格をもつもので、しばしば旧暦10月を祭日としている。神無月には神不在であるとの伝えが一般化したのちに、不在であるにもかかわらず、これら一部の神の祭りがあることの不可解さの説明のために、留守神の考えがおこったのではないかとされている。[田中宣一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

留守神の関連キーワード青水無月神去り月神無月十月水無月・六月水無月会水無月祓神在月神帰月うなづき

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone