コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

世界大百科事典内のの言及

【廟】より

…清朝の皇帝の避暑地,河北省承徳市に現存する普陀宗乗廟はその代表例である。廟はほんらい祖霊をまつる宗廟のことであったが,のちにその領域が拡大され,超能力を具有すると信じられた死者,自然物,動物などをまつる民間の〈祠〉も廟ないし祠廟とよぶようになった。おおむね大規模のものは廟,小規模のものは祠だが,その境界はあいまいである。…

※「祠」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

祠の関連キーワード牛神祭り・牛神祭兵庫県伊丹市鴻池国民革命忠烈祠アシュバメーダイマームザーデトゥーレ公園礼拝所不敬罪櫟社・檪社増田与兵衛酒井有休鈴木高鞆三皇五帝鈴木梁満真鍋豊平関帝廟櫛淵荘晋祠銘四阿山武氏祠神ノ島

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

祠の関連情報