コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

禄剛崎 ろっこうざき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

禄剛崎
ろっこうざき

石川県能登半島の北東端部,珠洲 (すず) 北端にある岬。標高約 50mの新第三紀中新世の泥岩層から成る海岸段丘上に禄剛灯台がある。眼下に波食台が展開し,能登観光の拠点の1つ。背後の山伏山 (184m) は古くから日本海航行の目印で,のろしを上げて航海の便をはかった。能登半島国定公園を代表する観光地

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

ろっこうざき【禄剛崎】

石川県珠洲すず市、能登半島北東端の小岬。禄剛崎灯台、基部に狼煙のろし漁港がある。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔石川県〕禄剛崎(ろっこうざき)


石川県能登(のと)半島の北東端に位置する岬。南側の金剛(こんごう)崎や長手(ながて)崎を含め珠洲(すず)岬と総称される。禄剛埼(さき)灯台がある。日本海の荒波に洗われる能登外浦(そとうら)の東端にあたり、海食による高さ約60mの段丘崖(だんきゅうがい)が続く。能登半島国定公園を代表する景勝の一つ。岬一帯は整備された狼煙(のろし)園地。晴れた日には佐渡(さどが)島が望める。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

禄剛崎
ろっこうざき

石川県珠洲(すず)市、能登(のと)半島先端部の岬。珠洲岬の一部をなす。標高約60メートルの海岸段丘で新第三紀中新世の泥岩層からなり、海中には千畳敷といわれる波食台が広がる。日本海上交通の要地で、1883年(明治16)イギリス人の設計による禄剛埼灯台が設置された。現在は無人化。能登半島国定公園域で、周囲には遊歩道がある。[矢ヶ崎孝雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の禄剛崎の言及

【珠洲[市]】より

…飯田湾に面した丘陵斜面には約500基の横穴古墳群があり,早くからこの地が開けていたことを示す。珠洲岬の突端,狼煙(のろし)町の禄剛(ろつこう)崎には海上交通の要点として奈良時代に烽火(のろし)台が置かれた。近世初期から加賀藩の所領となり,揚浜式塩田による塩の生産が盛んで,外浦では第2次大戦後まで行われていた。…

【珠洲岬】より

…石川県珠洲市,能登半島北東端の禄剛(ろつこう)崎,金剛崎,遭(おう)崎の総称。能登半島の内浦(富山湾側)と外浦(日本海側)の分岐点で日本海航路の要衝に当たるため,奈良時代には禄剛崎に烽火(のろし)台が置かれ,1883年には洋式灯台が設置された。…

※「禄剛崎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

禄剛崎の関連キーワード珠洲(市)段丘崖珠洲岬長手園地景勝金剛狼煙海食基部

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

禄剛崎の関連情報