コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

珠洲岬 すずみさき

5件 の用語解説(珠洲岬の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

珠洲岬
すずみさき

石川県能登半島北東端部の海岸。禄剛 (ろっこう) 崎,金剛崎,遭崎をいい,新第三紀中新世の丘陵地が日本海の荒波にさらされて波食台が発達。北部の禄剛崎,能登双見,金剛崎などは特に景勝地として知られ,奥能登観光の中心となっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

珠洲岬【すずみさき】

石川県能登半島の北東端をなす禄剛(ろっこう)崎,金剛崎,長手崎などの岬の総称。高さ40〜60mの海岸段丘が続き,能登半島国定公園に属する。古くはのろしを上げて船に合図したといわれ,狼煙(のろし)という名の集落がある。
→関連項目珠洲[市]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

すずみさき【珠洲岬】

石川県珠洲市,能登半島北東端の禄剛(ろつこう)崎,金剛崎,遭(おう)崎の総称。能登半島の内浦(富山湾側)と外浦(日本海側)の分岐点で日本海航路の要衝に当たるため,奈良時代には禄剛崎に烽火(のろし)台が置かれ,1883年には洋式灯台が設置された。いま岬付近に狼煙(のろし)町という小漁業集落がある。北部の海食崖および千畳敷呼ばれる波食台,金剛崎の能登二見(ふたみ)の奇岩など海岸風景に富み,能登半島国定公園に指定されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔石川県〕珠洲岬(すずみさき)


石川県能登(のと)半島の東端部をさす総称。狭義には金剛(こんごう)崎をいい、北西2kmの禄剛(ろっこう)崎、南東7kmの長手(ながて)崎までを含める場合もある。禄剛崎から西は能登外(そと)浦、長手崎から南西側は能登内(うち)浦となる。金剛崎近くの葭ヶ浦(よしがうら)温泉はランプの一軒宿で知られる。禄剛崎に禄剛埼(さき)灯台がある。能登半島国定公園に属する。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

珠洲岬
すずみさき

石川県能登(のと)半島先端部の総称で、禄剛(ろっこう)崎から金剛(こんごう)崎、遭(あい)崎を含めた約5キロメートルの海岸をいう。新第三紀中新世の地層で、海岸段丘、波食崖(がい)が発達し、禄剛崎、金剛崎には火山岩や頁(けつ)岩がみられる。海上交通の要地で、山伏(やまぶし)山では古代に狼煙(のろし)をあげたという。禄剛崎には灯台があり、観光客の来訪が多い。金剛崎にはランプの宿として知られる葭ヶ浦(よしがうら)温泉がある。能登半島国立公園域。[矢ヶ崎孝雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

珠洲岬の関連キーワード珠洲石川県珠洲市飯田町石川県珠洲市折戸町石川県珠洲市清水町石川県珠洲市石川県珠洲市高屋町石川県珠洲市蛸島町石川県珠洲市仁江町石川県珠洲市狼煙町石川県珠洲市真浦町