コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菊竹六鼓 きくたけろっこ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

菊竹六鼓
きくたけろっこ

[生]1880.1.25. 福岡
[没]1937.7.21.
反軍の姿勢を貫いた硬骨のジャーナリスト。本名は淳 (すなお) 。東京専門学校 (早稲田大学の前身) を卒業して,1903年,政友会系の有力地方新聞であった『福岡日日新聞』に入社。自由主義者であった主筆の猪俣為治らの薫陶を受け,やがてみずから主筆となった。六鼓の名を特に高からしめたのは,五・一五事件の際にかかげた「首相兇手に斃る」「敢て国民の覚悟を促す」という社説で,その激しい軍部ファシズム批判のため,久留米師団をはじめとする軍部や右翼からの脅迫,不買運動などを招いたが,頑として屈しなかった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きくたけろっこ【菊竹六鼓】

1880‐1937(明治13‐昭和12)
ジャーナリスト。本名淳(すなお)。福岡県生れ。幼時に左脚が不自由となったが,屈せずに言論界を志し,1903年東京専門学校(早稲田大学の前身)卒業,《福岡日日新聞》に入社。以後,編集長,主幹,編集局長を歴任,35年には副社長に就任するなど,終生同紙を舞台に言論活動に従事した。同紙は一般には政友会系紙とみられており,彼自身も政友会寄りの立場から政党政治擁護の論陣を展開,このほか地域暴力追放や廃娼運動など社会的正義の実現や満蒙権益の擁護にも深い関心を寄せた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の菊竹六鼓の言及

【福岡日日新聞】より

…不偏不党主義に対し征矢野は〈偏理偏党〉を唱え,政治的には政友会系だったが,政党の代弁はしないと強調した。32年に起こった五・一五事件に際して,菊竹六鼓(ろつこ)主筆が社説で敢然と軍部を批判したことは有名である。戦時統合により対抗紙《九州日報》と合同し,42年8月10日《西日本新聞》となった。…

※「菊竹六鼓」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

菊竹六鼓の関連キーワード検察官(司法)ペルチナクス紙幣整理チャイコフスキー(Pyotr Il'ich Chaykovskiy)山田哲人セウェルスディディウス・ユリアヌス監査コンモドゥスペルティナクス

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

菊竹六鼓の関連情報